自社ローンの審査基準

オートローンと比較しても審査に通りやすい「自社ローン」ですが、具体的な審査基準はどうなっているのでしょうか。詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

自社ローンの審査基準について

自社ローンは、独自の審査基準を設けている中古車販売店が多く、販売店によって細かい審査基準が異なります。そのため、どのような審査基準なのか、審査が不安な方は電話などで相談してみるといいでしょう。

基本的には、勤務先や勤続年数をチェックして、長く勤めている方が審査に取りやすい傾向にあります。ただ勤続年数が短くても問題ないという自社ローンもあるので、取り扱っている中古車販売店に確認してみるのがいいでしょう。

他にも、担当者との面談によって信用できる人物とみなされることで、審査に通ることがあります。

自社ローンの審査に通りやすくするには?

自社ローンの審査は、比較的通りやすいといっても、中には通らないケースもあります。そうならないために、審査に通りやすくする方法について紹介していきましょう。

頭金を多くする

自社ローンで車を買う時に、頭金を多く入れることで審査が通りやすくなります。 頭金が多い方が中古車販売店の負担が少なくなるので、審査通れるか不安な方は、少しでも多く頭金を用意するようにしましょう。

 

保証人を付ける

保証人を付けることでより審査に通りやすくすることができます。販売店によっては保証人不要としているのもありますが、中古車販売店からすると、保証人がいた方がリスクヘッジできるので、審査も通りやすくなります。

車が必要な理由がしっかりしている

趣味で車を買いたい方よりも、仕事や生活で車がないといけない人の方が、審査が通りやすいです。例えば、転職をして車がないと通勤ができない人や、住んでいる土地柄、車がないと生活に支障が出るような人であれば、車の必要性があるため、しっかりと支払ってくれるということで信用されやすく、審査が通ることがあるでしょう。逆に趣味などの必要性がない理由だと、最後まで支払ってくれるか信用しきれないため、審査に影響が出ることがあります。

質問には正直に答える

自社ローンで面談を行う場合は、様々な質問が行われることがあります。消費者金融での借り入れ状況など、信用情報を参考にしない分、口頭で確認される可能性があるでしょう。 その場合は、正直に答えることも大切です。正直に答えることで、毎月の支払い額はどれくらいに設定すれば適切なのか、判断してもらうことができるので、無理のない計画を立てるためにも、質問には正確に答えることが大切です。

 

また態度も重要で、横柄な態度である場合やマナーが悪い場合は、信用されない可能性があるので、出来るだけ印象がいい対応を見せることが、自社ローンの審査に通る秘訣と言えるでしょう。

自社ローンの審査基準は事前に確認しておこう

自社ローンの審査基準は、中古車販売店によって、細かいところが異なります。必要な書類も異なるケースもあるので、事前に電話で確認しておくことが大切です。

電話で確認しておけば、何か必要なのか、審査基準に合わせてどのような回答をすればいいのか判断することができます。

自社ローンは審査に通りやすいといっても、通らない方もいるため、出来るだけ万全な準備を整えて申し込みに行くようにしましょう。

今回紹介した、自社ローンの審査に通りやすい方法も参考に、どこの中古車販売店であれば、審査が通りやすいのか見極めることが大切です。

安定した収入があれば、基本的に審査を通すことは可能なので、収入証明書を持って申し込みしてみましょう。

関連記事

  1. 自社ローンのメリットとデメリット

  2. 自社ローンはどんな仕組み?

  3. 自社ローンとは?

  4. ブラックや債務整理中でも自社ローンは通るの?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。